ポケモンとかやきう(ロッテ)とかについて TwitterID:@makaous
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第4回関西シングルFESTA使用構築】化身ランドロス入り
2014年08月25日 (月) | 編集 |
第4回関西シングルFESTAに参加しました。
結果はエンテイブロック6勝3敗、同じ6勝3敗の方に直接対決で負けていたため3位で予選落ちでした。
目標としていた勝ち越しは達成しましたが、もう1勝して予選を抜けたかったというのが本音です。



248バンギラス645ランドロス化身
003-mメガフシギバナ663ファイアロー
462ジバコイル094-mメガゲンガー



ちからずく化身ランドロスを使いたくてこの構築を作りました。
特にギミックは入っておらず、補完を考えてアタッカーを入れるいつものパターン。



◆個別解説

ランドロス(化身)@命の珠
165(4)-*110-167(252)-100-168(252↑)
大地の力、気合玉、サイコキネシス、ヘドロウェーブ

臆病CSぶっぱ。今回の主役。
高速高火力で耐久もそこそこあり、範囲も広い優秀なアタッカー。メガガルーラはもちろん、にっくきギルガルドをワンパンできるのも評価が高い。
メインウエポンの大地、殆どのメガガルを1発で落とせる気合玉は確定。残りはバナなどに撃つサイキネとフェアリーへの打点となるヘドウェを採用しました。要するに最大範囲。ファイアローはバンギラスやジバコイルで勝てると思ったので岩雪崩は切り、瞑想は使いこなせる気がしなかったので不採用としました。
メガガルーラをH振りでも気合玉でワンパンできるのが化身ランドの大きな魅力であり採用理由の1つでもあるわけですが、このポケモンは意地ガルーラの猫不意打ちで落ちる可能性があるので、猫のダメージ量には気を付けるべきだと思います。

参考
A194メガガルーラ→H4振り化身ランドロス
猫だまし…1発目42~49ダメージ、2発目19~24ダメージ
不意打ち…1発目54~64ダメージ、2発目27~32ダメージ
A177メガガルーラ→H4振り化身ランドロス
猫だまし…1発目37~45ダメージ、2発目18~22ダメージ
不意打ち…1発目49~58ダメージ、2発目24~29ダメージ

猫だましのダメージが1発目42~45ダメージ、2発目19~22ダメージの場合には性格の判断が不可能ですが、その場合の最高ダメージである1発目45ダメージ+2発目22ダメージでは次の不意打ちを確定で耐えるので問題はないです。


バンギラス@拘りスカーフ
175-186(252)-131(4)-*-120-124(252↑)
岩雪崩、噛み砕く、冷凍パンチ、馬鹿力

陽気ASぶっぱ。
地面飛行タイプとの補完がいいアタッカーとして採用。ランドロスがガブリアスを抜けないのでスカーフを持たせました。
技構成はテンプレと思われる4つ。


ファイアロー@鋭い嘴
175(164)-146(252↑)-91-*-89-157(92)
ブレイブバード、挑発、羽休め、剣の舞

意地っ張りAぶっぱ、H16n-1、残りS。
主にバンギラスを倒したスカガブの地震を起点にするために採用。
挑発と鬼火は選択ですが、今回は他に挑発を撃てるポケモンがいなかったので挑発を採用しました。


フシギバナ@フシギバナイト
187(252)-*-152(68)-166(72↑)-141(4)-114(112) ※CSがUのめざ炎個体
ギガドレイン、ヘドロ爆弾、目覚めるパワー炎、光合成

A146プレートファイアローのブレイブバード耐え、最速マリルリ抜き、残りC。
水の一貫があり、メガ枠をまだ使っていなかったのでメガフシギバナを採用。
技構成はテンプレと思われる4つ(2回目)。このPTでは炎技がバナのめざ炎しかありませんが、ハッサムもナットレイもランドロスが対面で勝てるので問題はありません。


ジバコイル@拘り眼鏡 ※頑丈
167(172)-*-135-200(252↑)-110-91(84)
10万ボルト、ラスターカノン、ボルトチェンジ、目覚めるパワー氷

控え目Cぶっぱ、H8n-1、残りS。
ランドロスと相性がいいらしいジバコイル。ドラゴンとフェアリーを半減できる鋼タイプであり、頑丈のおかげでストッパーとしても使えます。アナライズの火力も魅力的ですが、当日はかなり頑丈を利用したプレイングが多かったので頑丈でよかったと思います。頑丈じゃないと使いこなせないとも言える。
技構成は10万ラスカノボルチェンまで確定で、めざ炎は撃つ相手がいないと判断したためにめざ氷を採用しました。


ゲンガー@ゲンガナイト
167(252)-*-101(4)-190-115-200(252↑)
シャドーボール、鬼火、身代わり、道連れ

臆病HSぶっぱ。
色々なポケモンを誤魔化すために採用。具体的に何を誤魔化すかはよく覚えていません()
技構成はメインウエポンのシャドボ、物理に撒く鬼火、補助技や交代に対してアドを取る身代わり、メガゲンガー最強の技である道連れ。当日は鬼火を1度も撃たず、気合玉が欲しい場面が多かったです。また、身代わりでアドを取ってからできることが少なく、身代わりを別の技に変えるか、鬼火か道連れを切って攻撃技を入れた方がいいと思いました。
この枠が一番要検討。



◆選出
特に決まった選出パターンはなく、基本的に相手のPTを見て決めます。
以下オフでの選出と勝敗

バンギラス ◯◯×◯×◯◯×‐ 8/9
ランドロス ‐‐×‐‐◯‐×‐ 3/9
ファイアロー ‐‐‐‐‐‐‐‐◯ 1/9
フシギバナ ◯‐×‐×‐◯‐◯ 5/9
ジバコイル ◯◯‐◯×◯◯‐◯ 7/9
ゲンガー ‐◯‐◯‐‐‐×‐ 3/9

バンギラスとジバコイルの選出が多く、ファイアローが少ない(選出した試合でも出番はなかった)。
ガルーラ入りに1度しか当たらなかったこともあり、ランドロスをあまり選出できなかったのが少し残念。


◆雑感
ランドロスの使用感としては、元々の評価の通りでした。今回はあまり刺さっておらず大活躍とはいきませんでしたが、やはりKPの割に強力なポケモンであると感じました。
あまり試合数をこなしていないので細かい弱点を挙げることはできませんが、壁やステロ展開に明確な回答が無いのが辛かったので、最低限ここをなんとかしなければならないと思いました。


ブログの書き方が一定しないのでそろそろ1つに絞りたい。
何かありましたらコメントかTwitter(@makaous)にお願いします。



おしまい


スポンサーサイト
スタメン妄想
2014年08月21日 (木) | 編集 |
数年後のロッテのスタメンを妄想。
2か月連続の広告回避。 #意識の低いブログ


1 左 荻野貴司
2 二 鈴木大地
3 中 加藤翔平
4 一 井上晴哉
5 DH 清田育宏
6 右 角中勝也
7 三 大嶺翔太
8 捕 田村龍弘
9 遊 三木亮



大地は安定して守れるけど守備範囲を考えてショート三木、セカンド大地の並び。
外野の候補が多いので清田がDHに回ることになった。ライトとDHは逆でもいいかもしれないが、確か角中はDHに向いてなかった気がするからこんな感じ。
キャッチャー候補は同い年という理由で吉田や江村を抑えて田村。
井上は神戸や竹原のようにならないでくれ(血涙)



おしまい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。