ポケモンとかやきう(ロッテ)とかについて TwitterID:@makaous
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バシャボルトver.1
2015年06月23日 (火) | 編集 |

642ボルトロス化身445ガブリアス
257-mメガバシャーモ700ニンフィア
094-mメガゲンガー245スイクン


バシャーモ+化身ボルトロスから組み始め、クレセリアなどの数値受けに強いニンフィア、何も考えずにスイクン、地面枠としてガブリアス、最後にゲンガーを採用。お手本通りのスタンという感じになった。


◆個別解説
バシャーモ@バシャーモナイト  意地っ張りhAs
メガ前:167(92)-189(252↑)-91(4)-*-92(12)-119(148)
メガ後:167(92)-233(252↑)-101(4)-*-102(12)-139(148)
フレアドライブ、飛び膝蹴り、剣の舞、守る

構築の始点。ガルーラゲンガーといった上位メガ進化ポケモンに強く、火傷で止まらない。
サブウエポンは使う場面が殆ど無いので剣の舞を採用。


ボルトロス(化身)@オボンの実  図太いHB
実数値は伏せ
10万ボルト、目覚めるパワー(氷)、電磁波、ボルトチェンジ

ボーマンダなどに強く、対応範囲が非常に広いのでHBオボンボルトロスを採用。バシャーモと共に構築の軸をなす。
ボルトチェンジの枠はクレセリアを倒すための悪巧みの方がいいかもしれない。


ニンフィア@カゴの実  控えめHB
201(244)-*-111(204)-148(36↑)-151(4)-83(20)
ハイパーボイス、欠伸、瞑想、眠る

バシャーモが苦手とするクレセリアなどに投げて削ったり起点を作ったりできるため採用。ボルトロスや低火力特殊ポケモンにも繰り出す。


スイクン@ゴツゴツメット  図太いHbcs 個体値31-*-28-31-31-30
207(252)-*-165(128↑)-118(60)-136(4)-113(64)
熱湯、凍える風、リフレクター、吠える

バシャーモはスカーフや襷を持った地面タイプに勝てないので、タイプと数値の上で最も信頼できるスイクンを採用。
地面だけでなく物理全般に投げて削りと場作りを行う。


ガブリアス@気合の襷  陽気AS
183-182(252)-115-*-106(4)-169(252)
逆鱗、地震、岩石封じ、剣の舞

電気の一貫を切り、ストッパーと崩しの役割を担えるため採用。


ゲンガー@ゲンガナイト  臆病HS
メガ前:167(252)-*-80-150-96(4)-178(252↑)
メガ後:167(252)-*-100-190-116(4)-200(252↑)
シャドーボール、滅びの歌、身代わり、道連れ

ここまでの5匹の対応範囲が広いと判断したため、オニゴーリなどのギミック系統を崩す滅びゲンガーを採用。
基本的に選出しない。



◆その他
第1回びわポケカップ(31人規模)で使用し、予選1位抜け(6勝1敗)から本戦1落ちでベスト8。
その他突発大会などでも使用して勝率は6割程度。
バシャーモの選出率がほぼ100%、次いでボルトスイクンの選出率が高く、その下にニンフガブ。
無難に強いが崩し性能が足りず、またボーマンダ絡みの並びやクレセリアが重いのが改善点。


スポンサーサイト
ポケモンで打線
2015年06月06日 (土) | 編集 |
なんとなくやってみた。
それぞれのポケモンの特徴を加味してポジションと打順を別々に考えたので、打順とポジションの組み合わせに違和感があるかもしれない。


1(左)ゲンガー
2(二)ボルトロス化身
3(遊)ガルーラ
4(一)バシャーモ
5(中)ボーマンダ
6(右)ガブリアス
7(三)ニンフィア
8(捕)スイクン
9(投)ギルガルド


◆個別解説
1(左)ゲンガー
選出した時の仕事率の高さから先頭打者にした。足は速いが耐久は微妙なのでレフト。

2(二)ボルトロス化身
火力を高くして殴ることもでき、場持ちをよくして補助に徹することもできるので2番っぽい。

3(遊)ガルーラ
火力もスピードも耐久も高い。3番・ショートはガルーラ以外いない。

4(一)バシャーモ
アタッカーとして採用されるメガの中で1番評価しているので4番。耐久は最低限なのでファースト。

5(中)ボーマンダ
速くて硬くて火力もある。速さと硬さを高いレベルで両立しているのでセンター。火力も5番として申し分ない。

6(右)ガブリアス
速くてそこそこ火力があって耐久も割とある。万能故にどこに入れていいかわからなかったので消去法で6番ライト。

7(三)ニンフィア
耐久寄りで火力があるのでニンフィアはサードっぽい。ORASでは火力を削っている個体が多いので7番あたり。

8(捕)スイクン
耐久に寄っているポケモンの中でもサポートに長けていて火力も多少はあるので8番捕手に起用。

9(投)ギルガルド
物理も特殊もできて(シャドー)ボールも投げられるので、二刀流になれそう。攻撃時にフォルムチェンジするのもそれっぽい。○○ボールという技は2つ(シャドーボール、ジャイロボール)しか覚えないが、まあ仕方ない。因みに3種類覚えるポケモンは結構いる(ポワルン、ロズレイド、ラティアス等)。


ゲンガーとボーマンダのポジションを入れ替えれば綺麗になるが、それぞれの特徴を重視した結果こうなった。
考えるの自体はすぐ終わったが、理由の部分まで書いていたら30分ぐらいかかった。疲れた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。