ポケモンとかやきう(ロッテ)とかについて TwitterID:@makaous
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローブシン入りゲンスイ軸対面構築
2016年09月20日 (火) | 編集 |
◆はじめに
S17、ORASレートお疲れ様でした。
最終日に本命として使用した構築は自分の中ではそれなりに考えた構築なので、ここに残しておこうと思います。
S17レート終了後の第8回関西シングルFESTAでも使用。



◆並び
642ボルトロス化身445ガブリアス
115-mメガガルーラ094-mメガゲンガー
534ローブシン245スイクン



◆構築経緯
対面構築におけるバシャーモの枠(炎枠)を別のポケモンにできないかと考えていて、その枠にローブシンを入れた形。一般的な対面構築はローブシンが重くなりやすく、主なローブシンの処理ルートは猫捨て身ガルーラ、催眠ゲンガー、ゴツメリフスイクンと、特定のポケモンの特定の型に限定される。これらに対して最速鬼火ゲンガーが強いため、ローブシンの存在がゲンガー+スイクンの選出による展開をより強くし、特にゲンガーミラーやゲンガーガルーラ対面を比較的安定させることができるのではないかと考えた。もちろん選出圧力に依存しすぎることのないようにしっかり組んだつもりである。
また、ローブシンはサザンドラやウルガモス、ゲッコウガなどに対して強いため、ガルクレセやガルカバなどに対してもある程度仕事をすることができる。
所謂厨パ(ボルトガブガルゲンバシャスイクン)の並びをベースに、ゲンスイを軸とし、ローブシンが入ったことによる影響を考えて、個々の構成を決めていった。



◆個別解説(採用順)
ゲンガー@ゲンガナイト 臆病
メガ前:159(188)-63-81(4)-151(4)-103(60)-178(252)
メガ後:159(188)-63-101(4)-191(4)-123(60)-200(252)
シャドーボール、ヘドロ爆弾、鬼火、道連れ

構築の軸となる鬼火メガゲンガー。基本的に初手に出し、鬼火の撃ち逃げや道連れによる1:1交換で展開する。
この構築ではローブシンをあまり選出しない関係上、相手のゲンガーからの引き先がいないため、配分は最速のD振り。


スイクン@ゴツゴツメット 図太い
207(252)-73-183(252)-110-136(4)-105
熱湯、リフレクター、瞑想、眠る

ゲンガーで苦手な相手を処理した後にクレセリアなどを詰める駒として瞑想スイクンを採用。
詰め性能は落ちるが、相手の対面選出にもゲンスイで対応するためにゴツゴツメット+リフレクター持ちの個体。
眠ると瞑想さえあれば瞑想のないクレセリアは詰められるが、カゴの実がないため、過労死させない選出と立ち回りを心掛けていた。



ローブシン@突撃チョッキ 意地っ張り
207()-198(156)-118(60)-*-100()-66(4)
ドレインパンチ、マッハパンチ、叩き落す、岩石封じ

構築経緯にある通り、対面構築を意識したチョッキローブシン。
ガルクレセ+特殊高火力の並びの特殊高火力、特に環境に多かったウルガモスに対して強いのも評価点。バシャーモと違い、それらに対してある程度後投げが効く。
4枠目の技はウルガモスやリザードンなどに撃つことのできる岩石封じ。


ガルーラ@ガルーラナイト 無邪気
メガ前:181(4)-135(156)-101(4)-72(92)-90-156(252)
メガ後:181(4)-165(156)-121(4)-92(92)-108-167(252)
猫騙し、捨て身タックル、冷凍ビーム、不意打ち

ゲンガーやローブシンではサーナイト(スカーフを含む)などのフェアリーに勝てないので、ガルーラはそこに強い最速の猫捨て身で採用。
スイクンがカゴではないので、カバルドンの処理のために冷凍ビーム持ち。
不意打ちの枠は地震や大文字と選択だが、ヒードランには元々厚く、大文字を採用するともう少しCを上げる必要がある(=Aを下げなければいけない)ため、ストッパー性能と縛り性能を上げる不意打ちを選択した。


ボルトロス(化身)@食べ残し 図太い
179(212)-108-133(244)-146(4)-101(4)-139(60)
10万ボルト、毒々、身代わり、守る

毒による崩し性能を持った図太いボルトロス。元々は図太い悪巧みだったが、ポリゴン2やクレセリアを崩す際にスイクンを過労死させないことを重視し、関西シングルFESTAの前に変更した。
太鼓マリルリに対する行動保障を持ち、スカーフガブリアスとの対面で勝つことも想定している。
マリルリを75%削るため、電気技は10万ボルトを選択した。


ガブリアス@気合の襷 陽気
183-182(252)-116(4)-*-105-169(252)
逆鱗、地震、岩石封じ、剣の舞

襷ガブリアス。地面の一貫を切ることができ、ストッパー性能が高い。
4枠目の技には、ナットレイやハッサムなどに対する崩しのために剣舞を採用した。



◆選出
・ゲンガースイクン@1
基本選出。対面やガルクレセに対してはゲンスイボルトで出すことが多く、ウルガモス入りにはゲンスイガブで出すことが多い。

・ガルーラ@2
ゲンスイで対応しにくい構築に対してはガルーラを中心に選出する。主に対ガルカバゲッコや対サーナイト入り、対ボーマンダ入りなど。
ゲンガーからの引き先として裏にローブシンを置くことが多い。



◆雑感
対面やガルクレセに対してはゲンスイである程度優位に立てたが、最終日にいつもより多いと感じたガルカバゲッコウガに対しては選出も立ち回りも厳しく、苦戦を強いられた。また、ボルトロスの型変更を思いついたのが最終日が終わった後なのが悔やまれる。



◆おわりに
ここまで読んでいただきありがとうございました。
結局ORASのレートでは満足できる結果を残すことができなかったので、新作ではもっと強くなりたいので頑張ります。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。