ポケモンとかやきう(ロッテ)とかについて TwitterID:@makaous
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣舞部内戦
2016年06月11日 (土) | 編集 |
3-2で予選落ち。
2敗はいずれも完敗だったので単純に実力不足。

使用構築
248バンギラスアイコン645-sランドロス霊獣アイコン006リザードンアイコン488クレセリアアイコン547エルフーンアイコン186ニョロトノアイコン


見たまんまリザードンはY。
リザYから考えたら見たことがあるような並びになったので先人は偉大。
抜くとしたらクレセリア。今の形では受け回しやチルタリスなどに勝てないのでゲンガーあたりが候補か。
現状のクレセリアは対ミミロップやマンムーなどの誤魔化しで入れている。

同じ構築を京大カップとP2オフで使用してそれぞれ4-2と3-4で両方予選落ち。よわい。
この並びを見て知らなさそうな反応をしている人が多くて驚いた。


GW
2016年05月06日 (金) | 編集 |
日記。
GWのオフラッシュのうち、第14回北大阪オフと第43回委員会オフに参加してきた。


◆第14回北大阪オフ

・使用構築
642ボルトロス化身アイコン445ガブリアスアイコン115ガルーラアイコン094ゲンガーアイコン257バシャーモアイコン245スイクンアイコン

・結果
予選ラティアスブロックを7-1で1位抜け、決勝T2回戦負けでベスト16

厨パでオフに出るのは2回目だが、まだまだ立ち回りが甘いので詰めていく必要がある。
選出がガルガブにかなり偏っていた。



◆第43回委員会オフ

・使用構築
115ガルーラアイコン445ガブリアスアイコン488クレセリアアイコン244エンテイアイコン642ボルトロス化身アイコン658ゲッコウガアイコン

・結果
予選超ブロック2-5で敗退

2月の関西予選①の構築のガルーラをABにしたもの。
完敗。全体的に駄目だった。


第6回関西シングルFESTA
2016年03月27日 (日) | 編集 |
予選エンジュブロックを8-0で1位抜け、決勝トーナメント1回戦負けでベスト32


使用構築
ボルトロス化身@オボンの実
ガブリアス@気合の襷
ガルーラ@ガルーラナイト
ゲンガー@ゲンガナイト
バシャーモ@ラムの実
スイクン@カゴの実


きちんと使えていないポケモンがいるのでこれからも使って勉強していきたい。

【第2回真皇杯関西予選①4位】ガルクレセゲッコウガ
2016年03月08日 (火) | 編集 |
第2回真皇杯関西予選1で使用した構築。
ガルクレセ+ラムゲッコウガを軸として組んだ。


◆並び

115-mメガガルーラ445ガブリアス
488クレセリア244エンテイ
642ボルトロス化身658ゲッコウガ




◆個別解説(採用順)

ガルーラ@ガルーラナイト 意地っ張り 肝っ玉→親子愛
N:181(4)-159(236)-101(4)-*-102(4)-142(252)
M:181(4)-192(236)-121(4)-*-122(12)-152(252) 
秘密の力、不意打ち、猫騙し、炎のパンチ

この構築で唯一のメガ枠であり、メインアタッカー。
対応範囲が広い意地っ張りの秘密+不意打ちの構成に、クレセリアと合わせてガルーラなどを倒すための猫騙し。
4枠目はナットレイやハッサムなどの処理を楽にするための炎のパンチを採用。
対面性能とストッパー性能が高く、詰めもできるため、非常に選出しやすい。


クレセリア@ゴツゴツメット 図太い 浮遊
227(252)-67-189(252)-95-151(4)-105
サイコキネシス、毒々、月の光、スキルスワップ

猫ガルーラと合わせて殆どのガルーラに対応できるゴツメ枠。クレセリアとして最も単体性能が高い毒スキスワ型で採用した。
バシャーモを倒すため、1ウエポンにはサイキネを選んだ。
スキスワは対ガルーラだけでなく対ピクシーも意識している。
一部のポケモンに大きな隙を見せるので、安易に投げないことを心掛けていた。


ゲッコウガ@ラムの実 臆病 変幻自在
149(12)-104(4)-105(140)-144(164)-91-182(188)
冷凍ビーム、悪の波動、草結び、影うち

所謂信用可能ゲッコウガ。ゲンガースイクンなどに対して強い点を評価して採用した。
クレセスイクンに後投げしてある程度負担をかけることもできる。
選出するときは初手に投げることが殆どだった。


ガブリアス@気合の襷 陽気 鮫肌
183-182(252)-116(4)-*-105-169(252)
逆鱗、地震、岩石封じ、剣の舞

崩し性能とストッパー性能が高い地面枠。
この構築で数少ない地面打点を持っているため、ヒードラン入りに対しては大切に扱う。


ボルトロス化身@オボンの実 臆病 悪戯心
172(140)-108-92(16)-158(100)-100-179(252)
10万ボルト、目覚めるパワー(氷)、電磁波、悪巧み

浮いている電気枠の中で圧倒的に強いので採用。
ファイアロー入りには積極的に選出する。
先制電磁波によって多くのポケモンの処理ルートを強引に増やせる。


エンテイ@食べ残し 陽気 プレッシャー
209(148)-135-105-*-109(108)-167(252)
聖なる炎、地均し、毒々、身代わり

この枠は元々珠ウルガモスだったが、行動保障がないせいで動きにくかったため、襷とラムを持たずにある程度動ける炎枠としてエンテイを試験的に採用した。
構築単位でヒードランへの打点が薄いため地均しを採用し、ヒードランと組まれやすいクレセリアを崩せる毒を持たせた。
補完的に採用したため、選出は控えめ。
この枠はまだ検討の余地がある。



◆選出

選出パターンはガルクレセ@1やガルガブ@1が基本。@1には大体どのポケモンでも入れられる。
ゲッコウガは基本的に初手に投げ、裏にガルクレセを置くパターンが殆どだった。
ガルクレセだがサイクル構築ではなく、殆ど対面的に扱っていた。

以下オフでの選出率、勝敗、初手率(16戦)
ガルーラ:14/16、9-5、4/14
ガブリアス:7/16、4-3、2/7
クレセリア:11/16、7-4、0/11
エンテイ:2/16、1-1、1/2
ボルトロス:5/16、4-1、0/5
ゲッコウガ:9/16、8-1、9/9



◆結果

1次予選:6-1(○○○○×○○)直接対決の結果1位抜け
2次予選:3-2(×○○○×)5竦み→1次予選1位の3人でじゃんけん、2位抜け
決勝T:2-2(○○××)準決勝、3位決定戦で負け

最終結果:4位


関西予選1
2016年02月29日 (月) | 編集 |
並びだけ。


115-mメガガルーラ445ガブリアス
488クレセリア244エンテイ
642ボルトロス化身658ゲッコウガ



1次予選:6-1(○○○○×○○)直接対決の結果1位抜け
2次予選:3-2(×○○○×)5竦み→1次予選1位の3人でじゃんけん、2位抜け
決勝T:2-2(○○××)準決勝、3位決定戦で負け

最終結果:4位、本戦出場権利なし


詰めが甘い。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。